東大生と早大生が作った20卒〜22卒の問題・解答を全て記載した玉手箱の解答集を配布中

【早大生必見】早稲田大学でも就活に失敗する?【失敗はしません】

早稲田 就職失敗就職体験記

 

悩んでる人
悩んでる人

就活が心配で心配で夜も眠れません

このような悩みを解決していきます。

まず、最初に結論から言うと早稲田大学の人は就活に失敗することは無いです。

この記事の内容

  • ・「早稲田 就活失敗」で検索していた僕
  • ・早稲田大学の学生が就活に失敗しない理由
  • ・「早大生 就活失敗」で検索する必要は無い

この記事を書いた人

自己紹介

「早稲田 就活失敗」で検索していた僕

いきなりですが、僕は早稲田大学出身でこの記事を見ているみなさんの先輩にあたり人物です。

偉そう….

筆者
筆者

ごめんなさい

そんな僕ですが、僕が就活生の時に常に検索していた言葉があります。

それが、「早稲田 就活失敗」です。

僕も、この記事を見ている人と同じで就活に失敗するのではないかなと思って不安な日々を過ごしていました。

ただ、結果的にはそれなりの会社に就職することができています。

ここから言いたいことは、ただ一つ。

この記事に辿り着いたあなたのように、就活に不安を持っている学生の場合は就活に失敗する可能性は少ないということです。

というのも、僕がいままで出会ってきた人のなかで就活に失敗したと言っている人の多くが、就活を始める時期が遅くて就活に対して割くことができる時間が少ない人でした。

【早慶でも失敗します】就活に失敗した同期の5つの共通点
悩んでる人 就活に失敗する人の特徴って何? このような疑問を解決していきます。 この記事の内容 ・就活における成功の定義は自分のいきたい会社にいけるか ・...

逆に、就活に早い時期から取り組んで自分の行きたい会社を明確にしていた人は最終的に就職に成功している人が多かったです。

なので、早い時期から失敗した時のことを考えて、先を見て行動ができている君は大丈夫!

早稲田大学の学生が就活に失敗しない3つの理由

ここでは、自分が就活をするなかで早稲田大学の学生が就活に失敗しにくい理由がわかったので紹介します。

スカウトが多い

まず、一番大きいのがスカウトです。

最近の就活では、自分から会社に応募することも多いですが、企業からのスカウトという形で就活をする機会も多くなっています。

自分も就活生の時にはスカウト型の就活アプリを利用していました。

このような、スカウト型の就活アプリの多くは大学名を登録させて、その大学名をもとに企業がスカウトを出すことが多いです。

そのため、高学歴であればそれだけで評価される機会があります。

また、スカウト型の場合は面接やESなどの一部フローを免除した形でスカウトされることがほとんどなので、通常の選考フローよりも簡単に就職することが可能。

楽に就活できるのはいいね

そのほかにも、スカウト型の就活アプリの場合は自分が知らない企業・見ていない業界からスカウトがくることも多いです。

筆者
筆者

僕も、阪急阪神HDや三井住友カードなど見ていなかった業界からスカウトをもらいました。

このように、自分が興味を持っていなかった業界からスカウトをもらうことで、自分で企業を探す手間を減らすことができ、多くの企業と出会う機会にもなり自分にあった会社に就職できる可能性が高くなります。

OBに頼ることができる

早稲田大学の学生が就活に強い理由に一つには、OBを頼ることができることがあります。

OBに頼ると聞くとキャリアセンターでOBを紹介してもらえるというメリットをあげると思いますが、それだけではないです。

例えば、

  • ・早稲田で行われる企業説明会
  • ・「総合商社論」などの企業提供に授業
  • ・理工3学部の推薦

このようなものは全てOBが多いため行われています。

OBが強いのはいいね

実際に、自分が早稲田大学主催の企業説明会に参加した際には、早稲田出身の方が学生に対して説明をしていることが多かったです。

筆者
筆者

この説明会に来る会社は大企業が多いのも特徴

また、「総合商社論」などの授業も普通の企業説明会よりも深い内容を全15回に渡って、三菱商事の部長クラスの人から聞くことができる機会は普通の学生にはありません。

この授業がある時点でも、就活生には大きなメリットと言えるでしょう。

筆者
筆者

自分も「総合商社論」をとっていました

考えれる人・考えている人が多い

自分が就活をしていた時に思ったのが、内定をもらうことができる人の多くが「考えることができる人」「考えている人」です。

就活では、自分にあっていると思う会社に対してエントリーをして、その会社がいかに自分にあっているのかを伝えることがメイン。

そして、企業がその学生の言うことに納得することができた場合は、内定を出すという流れが一般的です。

筆者
筆者

この流れはどこの会社での同じだよ

その際に、自分がなぜその会社に適した人間であるのかを明確に伝えるためには、しっかり考えた上でどのような点がその会社にあっているのかを論理的に説明することが必要になります。

そのため、しっかり自分の将来ややりたいことについて考えてまとめた上で話すことができると、納得感を与えることができて内定をもらえる可能性が高いです。

筆者
筆者

結局は、面接官という人間に自分が会社にあっている理由を納得させることが就活の基本

自分の経験談ですが、集団面接の際に自分のこと(ガクチカ)などはしっかり答えることができるのに、その会社とライバル会社との違い、その会社で将来したいことに関してはしどろもどろになってしまう学生がいました。

一緒に面接を受けていた僕も違和感を覚えるところがあり、会社に興味というよりかは世間的な知名度をもとに企業研究をしないで受けているという感じでした。

その学生がその後、面接に通過したのかはわかりませんが、面接官に納得感は与えることができていないと思います。

「早大生 就活失敗」で検索する必要は無い

この記事を読んでいる人の多くは、「早大生 就活失敗」でこの記事に辿り着いたと思います。

ただ、そこまで心配することは無いです。

僕も、就活生の時には毎日のように

「内定もらえるかな〜」

「就活に失敗したら大学院に行こ」

「子会社とかもたくさん受けとこう」

このように考えていました。

ただ、早大生の場合は自分の軸であったり、自分が何をしたいのかを考えることやスカウト型の就活アプリなど、使うことができるツールを全部使うことで確実に内定をもらうことができます。

そのため、そこまで心配することはないでしょう。

僕が、就活生だった時の就活スケジュールや最初の内定をもらった時期などは以下の記事で詳しく紹介しています。

【リアル】就職活動開始から内定獲得までのリアルな記録

この記事を書いた人

早稲田大学法学部→広告代理店|就活生のために自分が学生の時にしたことや、就活情報を提供して行きます|就活生に向けて最高の情報を最新の状態で提供します

ダニをフォローする
就職体験記
ダニをフォローする
早大から広告代理店に行ったダニの就職ブログ

コメント