東大生と早大生が作った20卒〜22卒の問題・解答を全て記載した玉手箱の解答集を配布中

【23卒】年内内定獲得者が語る2021年内に内定を獲得するための極意

23卒 年内内定就活情報

 

年内に内定が欲しい

このように思っている人も多いと思います。

筆者
筆者

実際に、年内に内定をもらえることで3月からの選考でも気持ちに余裕を持ってのぞむことがかできます。(実体験)

この記事の内容

  • 年内内定をもらえる人とは?
  • 年内内定をもらうためには何をすればいい?
  • 年内に内定をもらって気持ちに余裕を持とう

この記事を書いた人

自己紹介

大手企業の利用率がもっとも高いスカウトアプリ「dodaキャンパス」

dodaキャンパス

dodaキャンパスは、大手企業(東証1部上場企業)の利用率が高いスカウト型のアプリです。

特に、MARCH以上の学生は大手企業から内定直結のインターン参加への案内や説明会への優先案内もあります。

留学経験や体育会の経験もない僕でも

・コニカミノルタ
・NTTデータ
・野村総合研究所
・docomo
・三菱マテリアル

などの会社から早期選考直結のインターンへの案内や説明会の優先予約などのスカウトをもらうことができました。

MARCH以上の学生ならメリットが大きい無料のスカウト型就活アプリなので、ぜひこの機会に使ってみてください。

dodaキャンパスの詳細は、以下のリンクからご確認ください。
無料登録で大手企業からスカウトが届くdodaキャンパス

年内内定をもらえる人とは?

年内内定をもらえる人とは?

男性
男性

そもそも23卒で2021年中に内定をもらえるのって俺らとはレベルが違う人でしょ?

このように思っている人も多いと思います。

結論から言うと、年内に内定をもらえる人間は普通の人よりかは優秀です。

しかし、彼が最初から違う存在かと言われると、別の話。

つまり、年内に内定をもらえる人間は就活に対してのスキルが高いだけの話で、就活に対して早い段階から取り組めば年内に内定をもらうことも可能です。

筆者
筆者

僕の友達でも日東駒専の人が年内に内定をもらって、冬休みには就活を終えてました

ちなみに、みなさんは年内に内定をもらえる人間がどれくらいいるか知っていますか?

日本経済新聞の調査によると、年内に内定をもらえる割合は5%と言われています。

そのため、年内に内定をもらう人の方が少ないことは意識しておいてください。

筆者
筆者

僕も周囲の人間が年内に内定をもらったと聞いた際には焦りました笑

年内内定をもらうためには何をすればいい?

年内内定をもらうためには何をすればいい?

男性
男性

早いうちから就活に取り組めば、23卒でも年内に内定をもらえることはわかったけど、早い時期から何をすればいいのかわからない

このように思っている人も多いでしょう。

実は、年内に内定をもらうためには普通の就活とは違う準備が必要です。

これは、年内に内定を出す業界や企業が決まっていることや企業のマイページの一般公開は3月以降なので特別なルートでマイページを作成する必要があるため。

年内に内定を出す業界を知る

年内に内定を出す業界というのはある程度決まっています。

僕が、知っている限りで年内に内定を出すような業界は以下の業界です。

  • ・外資コンサル
  • ・ベンチャー企業
  • ・投資銀行
  • ・web広告系
  • ・マーケティング系

逆にこれ以外の企業だと、年内に内定をもらうのはほぼ不可能です。

自動車メーカーや保険業界などは年内に内定を出すことは基本ないと思ってください。

筆者
筆者

ボスキャリとかの場合は年内に内定が出ることもあります。

また、インターンから内定を出す企業は年内に内定をもらえることもあります。

【23卒】早期選考に乗ることができるサマーインターン一覧【実体験】
悩んでる人 インターンにいくなら早期選考に乗れるやつがいいけど、どれが早期選考に有利かわからない このような疑問を解決していきます。 この記事の内容 ・早期選考に乗ることができるイ...

一般的な手段じゃない方法を使う

企業の採用活動開始は経団連の規定によって、卒業年度の前年の3月と決まっています。

たとえば、23卒の場合は2023年卒業なので、企業が採用活動を始めるのが2022年の3月です。

そもそも、採用活動の開始って何?

採用活動の開始とは、企業の採用サイトでマイページを作れるようになるということです。

選考を受ける際には、ESの提出や面接日の調整などをマイページを通じて行います。

このマイページの作成が卒業年度の前年の3月からしかできないと言うことです。

じゃ、年内に内定をもらうなんて不可能じゃない?

筆者
筆者

実はそんなことはないんだよ

実は、企業のよっては経団連の採用活動よりも前にマイページが作れて採用に進めることもあります。

ただ、大々的には採用活動を行っていることを周知しません。

そこで使われるのが、スカウト型の就活アプリです。

スカウト型の就活アプリに登録している学生に対して、直接マイページの作成・選考の案内をして、普通の学生よりも早い時期に内定を出します。

そのため、年内に内定をもらうためにはスカウト型の就活アプリに登録しておくのがいいでしょう

実際に、僕が年内に内定をもらった時に使っていたスカウト型の就活アプリは以下のアプリです。

自分の実力を自覚する

自分の実力を自覚することも重要です。

就活の最初の方は、大企業しか受けないと言っている人も多いですが、大企業しか受けない学生は少ないのが現状。

このようになるのは、就活を進めるなかで自分の実力を知り、大企業だけではなく他の企業も見ないといけないことに気がつくからです。

筆者
筆者

高二の時は早慶しか行かないと言っている人でも、大学受験の時にはMARCHもしっかり受けてるみたいなもんです

しかし、早いうちから自分の実力を知って、さまざまな企業を受けることで年内に内定をもらうことは可能です。

筆者
筆者

逆に、自覚するのが遅くなるほど、内定そのものを獲得できないことが多いかも

年内に内定をもらって気持ちに余裕を持とう

年内に内定をもらって気持ちに余裕を持とう

年内に内定をもらうことの最大の目的は、3月から始める就活の開始時点でも気持ちに余裕を持てることです。

どこにもいけないかもしれない状態で、面接やESを書くよりも気持ちに余裕を持てる状態で面接やESを書くことで、自分の素を見せることができ内定を獲得しやすいでしょう。

そのため、気持ちに余裕をもつためには、年内内定を目指して就活をするといいです。

大手企業の利用率がもっとも高いスカウトアプリ「dodaキャンパス」

dodaキャンパス

dodaキャンパスは、大手企業(東証1部上場企業)の利用率が高いスカウト型のアプリです。

特に、MARCH以上の学生は大手企業から内定直結のインターン参加への案内や説明会への優先案内もあります。

留学経験や体育会の経験もない僕でも

・コニカミノルタ
・NTTデータ
・野村総合研究所
・docomo
・三菱マテリアル

などの会社から早期選考直結のインターンへの案内や説明会の優先予約などのスカウトをもらうことができました。

MARCH以上の学生ならメリットが大きい無料のスカウト型就活アプリなので、ぜひこの機会に使ってみてください。

dodaキャンパスの詳細は、以下のリンクからご確認ください。
無料登録で大手企業からスカウトが届くdodaキャンパス

コメント