東大生と早大生が作った20卒〜22卒の問題・解答を全て記載した玉手箱の解答集を配布中

【23卒】体育会なのに就職に失敗する3つの理由|失敗しない方法も紹介

体育会 就活就活情報
悩んでる人
悩んでる人

体育会って就活余裕って聞いたけど、なんかそんなことなさそう

このように思い始めてる人も多いのではないでしょうか?

体育会は、一般の学生と比較して、コネが強いので就職しやすいと言われています。

しかし、自分の行きたい企業に行くためには、ほかの就活生と戦って勝つ必要があり、それなりの就活対策が必要です。

自己紹介

学歴に関係なく体育会なら大手に就職ができる「アスリートエージェント」

https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3HINYW+76E9YA+4BB4+BWVTE

アスリートエージェントは、体育会の学生に向けた新卒就活エージェントです。

アスリートエージェントは、高学歴の体育会所属の学生だけではなく、学歴が低い大学であっても体育会に所属している人ならエージェント経由で大企業に就職できるのが特徴。

アスリートエージェントでは

・野村証券
・電通
・三井住友銀行
・日本生命
・日産自動

などの会社から内定をもらうことができます。

ちなみに、アスリートエージェントから紹介された人の内定承諾率は72%となっており、アスリートエージェント経由で企業の選考を受ければ高確率で受かることがわかります

アスリートエージェントの詳細は、以下のリンクからご確認ください。
体育会の所属している学生だけが利用できるアスリートエージェント

体育会の就職はなぜ有利と言われるの?

体育会の就職はなぜ有利と言われるの?

体育会系の就職が有利と言われる理由は、先輩とのコネが強いことと継続して物事に取り組めるだろうと判断されるからです。

とくに強豪校と言われている学校の場合、OB・OG会が卒業後も開かれ、歳の離れた先輩との交流もできます。

その人脈を活かして、就活時に企業研究やOB訪問も可能で、さまざまな相談にも乗ってもらえるでしょう。

また、スポーツ競技で培った体力や精神力は、社会でも役立つと考えられます。

体育会の人は、メンタル面のタフさがあると思われるため、仕事が辛くても簡単に投げ出さない人と見られがちです。

そのため、体育会系の就職は一般の人に比べて有利と考えられます。

体育会なのに就職に失敗する人の3つの特徴

体育会なのに就職に失敗する人の3つの特徴

体育会だからといっても就職に失敗する人もいます。

その人の特徴は次の3つです。

  • ・体育会だから先輩がどうにかしてくれると思っている
  • ・練習で就活対策の時間を取れない
  • ・大手ばかりに目が向いてしまう

それぞれ詳しく解説します。

体育会だから先輩がどうにかしてれくると思っている

OB・OGとのつながりがあるからといって、先輩任せにしてしまう人は就活で失敗します。

ESシートをはじめ、就活に関する相談をするのはいいことですが、「先輩がいるから」という理由で何もしなければ、企業は採用しません。

内定を取るには先輩の力だけで解決すると決して思わないでください。

どんなにコネがあるといっても、採用試験を受けるのは自分自身なので、しっかり就活対策をしましょう。

ダニ
ダニ

僕の友達はESを出した時に部活のコネあるからって言って適当に書いたら落ちてたよ

練習で就活対策の時間を取れない

スポーツの実績で企業へ進む人は別ですが、部活動の練習ばかりして、就活対策の時間を取れない人も失敗します。

ダニ
ダニ

僕の友達もこのパターンが多かったです

就活は自分で動かなければ内定を取れないし、企業や業界研究、自己分析、ES作成など、時間をかけて準備をする必要があります。

練習ばかりして就活に時間を割かなければ、インターンに参加できず、志望動機や自己PRをまとめることもできず、書類選考で落ちてしまうでしょう。

これでは面接に進むこともできず、どこからも採用されない可能性もあります。

そのため、練習時間を削ってでも就活対策の時間を作ってください。

就活生 
就活生

体育会のコネって言っても、コネのある同じような体育会の人と枠を競うわけだから、就活対策をしてる人の方が採用されやすいよね

大手ばかりに目が向いてしまう

体育会の場合、同じ部活動の人と過ごすことが多く、体育会というアドバンテージを持っている人が多く、先輩のツテなどを使って大手企業への就職を検討しているでしょう。

そうなると「大手企業に就職しなければならない」とプレッシャーに感じる人がいるかもしれません。

なぜなら、自分の周りが同じような考えをしている人が多いからです。

体育会以外の人も大手企業の選考を受ける人はいるので、体育会だからという理由で採用されるとは限りません。

そのため、大手企業だけでなく中小やベンチャー企業にも目を向けて、幅広い企業選択をするといいでしょう。

体育会の人が就活に失敗しないための3つの方法

体育会の人が就活に失敗しないための3つの方法

それでは、体育会の人が就活に失敗しない方法にはどんなものがあるでしょうか。

次の3点をぜひ実施してください。

  • 体育会専門の就活エージェントを使う
  • 早いうちから就職対策をする
  • スケジュール管理をしっかりする

それぞれ見てみましょう。

体育会専門の就活エージェントを使う

体育会専門の就活エージェント「【アスリートエージェント】」を利用がおすすめです。

アスリートや体育会系に特化した就職支援サービスで、「スポーツしかしてこなかった」という人向けの就活アドバイスや求人を紹介しています。

アスリートエージェントにしかない限定公開求人もあり、企業規模も大手からベンチャー企業までさまざまです。

就活生 
就活生

自分の部活にコネがない企業もアスリートエージェントのコネで選考を受けれるのはポイントが高いね

体育会の人は、「自分をどのようにアピールすればいいかわからない」「どんな業界が合うかアドバイスを欲しい」といった悩みを抱えているかもしれません。

そんなときは、アスリートエージェントのアドバイザーに相談するといいでしょう。

ダニ
ダニ

アドバイザーに相談するだけでも就活のことを知ることができ、対策を立てやすくなります

早いうちから就職対策をする

競技ばかりやっていると就職対策の時間を取りづらいため、早いうちから就職対策をしておくといいでしょう。

どうしても部活動中心の日々になり、一般学生と同じ時期に就活を始めても時間を取れない可能性があります。

そのため、早い段階から就職対策をしておけば、体育会の中でも就活に対して本気度が高いと見られるでしょう。

ダニ
ダニ

できれば、大学3年生の12月までには就活対策をしておきたいね

スケジュール管理をしっかりする

部活と就活の両立は難しいため、スケジュール管理も重要です。

どちらか一方に偏ってしまうと、片方を諦めなくてはならならず、満足のいく結果にはならないでしょう。

だから、体育会系の人は、就活も部活動も一生懸命やるためにも、しっかりスケジュールを立てて早めに動いてください。

また、就活と部活動のスケジュールが重なってしまった場合の対応も検討しておくといいでしょう。

たとえば、試合日と面接が重なってしまったときは、試合日をずらすことは難しいため、企業に相談して面接日程をずらしてもらうなど、事前に自分の中でルールを決めておけば慌てません。

スケジュール管理を徹底して、就活と部活動に打ち込めれば、社会に出てからもその経験は活かせるでしょう。

学歴に関係なく体育会なら大手に就職ができる「アスリートエージェント」

https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3HINYW+76E9YA+4BB4+BWVTE

アスリートエージェントは、体育会の学生に向けた新卒就活エージェントです。

アスリートエージェントは、高学歴の体育会所属の学生だけではなく、学歴が低い大学であっても体育会に所属している人ならエージェント経由で大企業に就職できるのが特徴。

アスリートエージェントでは

・野村証券
・電通
・三井住友銀行
・日本生命
・日産自動

などの会社から内定をもらうことができます。

ちなみに、アスリートエージェントから紹介された人の内定承諾率は72%となっており、アスリートエージェント経由で企業の選考を受ければ高確率で受かることがわかります

アスリートエージェントの詳細は、以下のリンクからご確認ください。
体育会の所属している学生だけが利用できるアスリートエージェント

コメント