東大生と早大生が作った20卒〜22卒の問題・解答を全て記載した玉手箱の解答集を配布中

【23卒向け】本選考っていつから?やばい人は何から始めればいいの

【23卒向け】本選考っていつから?やばい人は何から始めればいいの就活情報
悩んでる人
悩んでる人

本選考っていつから始まるのかわからない

このような疑問に解決するために、この記事では23卒の本選考がいつから開始されるのかについて紹介していきます。

大企業からスカウトが来る「OfferBox」

OfferBox

OfferBoxは、大学生の利用率No.1のスカウト型のアプリです。

特に、学歴などの表面的な部分だけではなくプロフィールに記載した経験や資格をもとにスカウトが来るのが特徴。

オファーボックスでは

・三菱UFJ
・NTT
・docomo
・東海東京HD
・三井物産グループ
・東京海上日動

などの会社から内定直結のスカウトをもらうことができます。

優遇ルートで確実に内定が欲しい大学生ならメリットが大きい無料のスカウト型就活アプリなので、ぜひこの機会に使ってみてください。

OfferBoxの詳細は、以下のリンクからご確認ください。
無料登録で大手企業からスカウトが届くOfferBox

本選考は大学3年生の11月から開始

本選考は大学3年生の11月から開始

新卒就活の本選考は、大学3年生の11月から開始されることが多いです。

しかし、大学3年生の11月から開始されるのは外資系企業で、例えばこのような企業が大学3年生の11月から本選考を開始します。

  • ・アクセンチュア
  • ・マッキンゼー
  • ・PwC
  • ・デロイトトーマツ
  • ・ボストンコンサル
  • ・IBM

そして、日系企業の多くは、大学3年生の3月から本選考開始します。

なので、スケジュールとしては

  1. 大学3年生の11月から外資系の本選考開始
  2. 大学3年生の3月から日系大手の ES提出開始
  3. 大学生大学4年生の6月に内定

このようなパターンが一番多いです。

就活生
就活生

けど何かベンチャーとかって早く内定がでるって聞いたんだけど…

そうなんです。実はベンチャーとかは内定を早く出すところも多く、早いところだと長期インターからそのまま採用するので、大学2年生の時にはすでに働く会社が決まってる人もいます。

筆者
筆者

ただし、ベンチャーの中でも皆さんが想像するようなサイバーエージェントやDeNAのようなメガベンチャーみたいなところに関しては、大学3年生の11月くらいから内定を出し始めるところが多いです

就活生
就活生

ってことは外資系と一緒って感覚でいいんだ

23卒でインターンにも参加していない人が早期選考に参加できる企業一覧はこちら

23卒はいつから就活を開始すればいいの?

23卒はいつから就活を開始すればいいの?

ダニ
ダニ

就活っていつから開始すればいいのかわからない人も多いんじゃないですか?

実際、僕もいつから就活始めればいいのかわからず、なんとなく初めてなんとなく終わっていた人間です。

ただ、僕の周囲の人間の話を聞くと、やっぱり大学3年生の8月くらいから始めている人が多いです。

就活生
就活生

なんで?

これは、サマーインターンが大きく関係していて、サマーインターンから企業に対し興味を持って就活を始めるという学生が多いからです。

一方で、大手の企業に内定している学生のなかでもウィンターインターン(大学3年生の12月くらい)から就活を始めて内定している人も多いです。

筆者
筆者

僕の会社の同期でも大学2年生から就活を始めている人もいれば、大学3年生の1月くらいから就活を開始している人もいます

そのため、就活の時期が遅いから大手に内定できないみたいなことはないです。

ただし、就活の開始時期が大学3年生の1月とかになる場合は、周囲の人間はそれなりに自己分析であったり、OB訪問とかが進んでいるので、そういうことを考慮してある程度本気をだして就活をしないといけません。

就活生
就活生

ってことはしっかり対策さえ取れれば就活開始時期は遅くてもいいんだ

就活開始時期が遅くても対策ができれば全く問題なくて、実際にサマーインターンから就活を開始してるって言ってる人でも、本気を出したのは1月なんて人も結構多いです。

なので、最悪大学3年生の1月から就活を開始できれば周囲の学生と遜色ない企業には就職できるでしょう。

23卒で就活がやばい人は何からはじめばいいの?

23卒で就活がやばい人は何からはじめばいいの?

悩んでる人
悩んでる人

就活仕事だけど何からしたらいいかわからない

就活をして一番最初にすることは、企業について知ることです。

多くの就活生が、最初に自己分析、その後他己分析、最後に企業分析みたいな順番で企業を探していくことがあります。

ただし、大学3年生の1月や2月から就活を開始している人の場合、3月にはESをださないといけないで、とりあえず会社を多く知らないといけないです。

これは僕も本当に後悔をしていることなんですが、日本にはさまざまな企業があり、給料面だけで選んでもキーエンス、ヒューリック、三菱商事みたいな会社が選択肢に出てきます。

しかし、それ以外にも会社が高い会社はたくさんあります。

そういうところが選択肢に入ってこないのは、非常にもったいないです。

なので最初に多くの会社について知った上で、本当に自分が給料ではたらける人間なのかなどを分析しましょう。

就活生
就活生

どうやって?

筆者
筆者

たとえば、給料が高いんだったらオープンハウスでも働けますか?

もし、オープンハウスで働けるなら給料で動ける人間出し、オープンハウスで働けないと思うなら、給料以外にも自分のなかには何か大切にしてることがあるんだという風に自己分析に進むことができます。

そのため、まず会社を知って、その後にそこから自己分析をしていって、最後に時間があれば他人から自分の事を他己分析してもらうって流れがいいでしょう。

ダニ
ダニ

それ以外にも、webテスト対策などの重要になるので、解答集を利用するなどして周囲との差をなくしていくようにしましょう

大企業からスカウトが来る「OfferBox」

OfferBox

OfferBoxは、大学生の利用率No.1のスカウト型のアプリです。

特に、学歴などの表面的な部分だけではなくプロフィールに記載した経験や資格をもとにスカウトが来るのが特徴。

オファーボックスでは

・三菱UFJ
・NTT
・docomo
・東海東京HD
・三井物産グループ
・東京海上日動

などの会社から内定直結のスカウトをもらうことができます。

優遇ルートで確実に内定が欲しい大学生ならメリットが大きい無料のスカウト型就活アプリなので、ぜひこの機会に使ってみてください。

OfferBoxの詳細は、以下のリンクからご確認ください。
無料登録で大手企業からスカウトが届くOfferBox

コメント