東大生と早大生が作った20卒〜22卒の問題・解答を全て記載した玉手箱の解答集を配布中

【23卒選考対策】オプト(デジタルホールディングス)の面接を全て公開!

企業ごとの選考フロー

 

悩んでる人
悩んでる人

オプトの面接を受けることになったけど対策をしておきたい

このような疑問を解決していきます。

この記事の内容

  • ・オプト(デジタルホールディングス)の選考フロー
  • ・オプト(デジタルホールディングス)の面接で聞かれること
  • ・オプト(デジタルホールディングス)の企業研究

この記事を書いた人

自己紹介

大手企業の利用率がもっとも高いスカウトアプリ「dodaキャンパス」

dodaキャンパス

dodaキャンパスは、大手企業(東証1部上場企業)の利用率が高いスカウト型のアプリです。

特に、MARCH以上の学生は大手企業から内定直結のインターン参加への案内や説明会への優先案内もあります。

留学経験や体育会の経験もない僕でも

・コニカミノルタ
・NTTデータ
・野村総合研究所
・docomo
・三菱マテリアル

などの会社から早期選考直結のインターンへの案内や説明会の優先予約などのスカウトをもらうことができました。

MARCH以上の学生ならメリットが大きい無料のスカウト型就活アプリなので、ぜひこの機会に使ってみてください。

dodaキャンパスの詳細は、以下のリンクからご確認ください。
無料登録で大手企業からスカウトが届くdodaキャンパス

オプト(デジタルホールディングス)の選考フロー

オプト(デジタルホールディングス)の選考フロー

 

オプト(デジタルホールディングス)の選考フローは、以下のようになっています。

  1. ES・Webテスト
  2. 1次面接
  3. 2次面接
  4. 3次面接(インターン組はプレゼン選考)
  5. 4次面接
  6. 5次面接

選考フローの特徴としては、面接の回数が5回もありかなり会社とのマッチング度合いを測られるということです。

ちなみに、オプト(デジタルホールディングス)はスカウト型のアプリを使って早期選考の募集をしています。そのため、早期選考に乗りたい人は必ずスカウト型のアプリに登録しましょう。

オプト(デジタルホールディングス)からスカウトがくるスカウト型の就活アプリは以下のものです。

オプト(デジタルホールディングス)の面接で聞かれること

オプト(デジタルホールディングス)の面接で聞かれること

ここでは、オプト(デジタルホールディングス)の面接で聞かれることを紹介していきます。

1次面接

 

面接官:一般社員

時間:30分

 

1次面接では、志望動機などはほとんど聞かれずに学生時代に頑張ったことを中心に聞かれます。

面接の時間としては、30分程度ですが最後に逆質問の時間が用意されているので、面接の時間としては20分くらいです。

 

聞かれる質問

  • ・学生時代に頑張ったこと
  • ・なんで頑張ることができたのか?
  • ・何を意識して行動をしたのか?
志望動機ではなく、学チカを完璧にした状態でオプト(デジタルホールディングス)の1次面接を受けるといいでしょう。

2次面接

 

面接官:一般社員(7年目)

時間:30分

 

2次面接でも、志望動機などについては聞かれることがなく学生時代にどのようなことをしたのかを中心に質問がされます。

 

聞かれる質問

  • ・学生時代に頑張ったこと
  • ・なんで頑張ることができたのか?
  • ・何を意識して行動をしたのか?
オプト(デジタルホールディングス)では、1次面接と2次面接の内容はほとんど同じなので、そこまで特殊な対策がいらないです。

3次面接(インターン組はプレゼン選考)

 

面接官:人事部社員

時間:60分

 

3次面接は、インターンに参加した人は1ヶ月のプレゼン選考です。

プレゼン選考では、3人が1グループになって1つのお題に対してプレゼンを作り上げてその成果をもとに次の面接に進めるかを判断します。(自分はプレゼン選考を受けていないので、詳しい情報は知らないです…)

ダニ
ダニ

インターンに参加していない人は、人事部の社員と60分の面接になります。

3次面接では、人柄を見るものではなく会社とのマッチング度合いを見る方が強くなっていて、他の会社との比較も聞かれます。

そのため、オプト(デジタルホールディングス)の他のデジタルマーケティング会社との違いや、どのような部分に惹かれてオプト(デジタルホールディングス)に入社したいのかを明確にしておくことが必要です。

また、入社後にしたいことなども聞かれるので、自分の中でなぜオプト(デジタルホールディングス)なのかを明確にした方がいいでしょう。

 

聞かれる質問

  • ・入社後のキャリアプラン
  • ・他の会社と比べてオプト(デジタルホールディングス)への印象
  • ・学チカ
自己分析をして、その中でなぜオプト(デジタルホールディングス)なのかを明確にした状態で面接に挑むといいでしょう。

4次面接

 

面接官:人事もしくは役員

時間:60分

 

4次面接で内定がでる人もいるので、最終面接に近い部分になります。

ダニ
ダニ

ちなみに、4次面接が人事部員ではなく役員であった場合は最終面接なので、内定がでる可能性が高いです。

4次面接では、様々な会社がある中でオプト(デジタルホールディングス)を志望する理由や入社後にどのようなことをしたいのかを中心に聞かれます。

そのため、企業研究などはしっかりして行った方がいいでしょう。

 

聞かれる質問

  • ・オプト(デジタルホールディングス)を志望する理由
  • ・オプト(デジタルホールディングス)以外に内定をもらっている会社
  • ・オプト(デジタルホールディングス)でやりたいこと
  • ・デジタルマーケティング以外には興味がないのか?

 

5次面接

 

面接官:役員

時間:60分

 

5次面接は、必ず役員が行うため最終面接という位置付けになります。

ただ、5次面接で落ちる人はほとんどおらず、面接の内容に関しても意思確認と逆質問が中心です。

そのため、そこまで緊張しないで普段の自分を出すことを意識しましょう。

 

聞かれること

  • ・オプト(デジタルホールディングス)に入社する意思があるか?
  • ・オプト(デジタルホールディングス)ではどの部門を志望するか?
  • ・逆質問
ダニ
ダニ

逆質問をする時間が結構長いので、あらかじめ10個くらいの逆質問を用意していくといいでしょう。

オプト(デジタルホールディングス)の面接でのアドバイス

オプト(デジタルホールディングス)の面接でのアドバイス

オプト(デジタルホールディングス)では、面接の中で会社とマッチしているのかを重視する傾向にあります。

そのため、自分がどのくらいオプト(デジタルホールディングス)にマッチしているのかを論理的に話していきましょう。

また、オプト(デジタルホールディングス)では自然体であることも評価されるので、オプト(デジタルホールディングス)の面接では硬くならず普段の自分を出すといいです

高学歴こそスカウト型の就活アプリを使おう【スカウトで就職した早大生】
悩んでる人 スカウト型の就活アプリってそんなにいい会社ないでしょ? 今回はこのような疑問を解決していきます。 この記事の内容 ・スカウトをしてくる会社の例 ・スカウト型の就活...

オプト(デジタルホールディングス)の企業研究

オプト(デジタルホールディングス)の企業研究

ここでは、オプト(デジタルホールディングス)の企業研究をしていきます。

公式サイトにも、就活に必要な情報は掲載されているので、ホームページも確認してみるといいでしょう。

デジタルホールディングス
「デジタルを、未来の鼓動へ。」デジタルホールディングスは、日本のすべての企業の、人の、挑戦のインフラとなり、どこまでも希望が続いていく未来を実現します。

ホールディングス体制

今までは、オプトやソウルドアウトなどホールディングスに所属している会社ごとに個社採用が行われていました。

しかし、デジタルホールディングスに移行したことで2020年の採用より全社一斉の採用に切り替わり、会社間での移動がよりスムーズになりました。

そのため、面接の際には「オプトで働きたい」ではなくて「デジタルホールディングスで何をしたいのか」という部分を訴求する方がいいでしょう

デジタルにシフト

オプト(デジタルホールディングス)では、広告代理業のみではなくDXの分野にも積極的に進出しており、この分野で活躍することができる人材を欲しています。

また、社名がオプトホールディングスからデジタルホールディングスに変化したように、今後は広告以外の分野でも安定した収益を確保していきたいという思いが強いです。

また、最近は電通デジタルサイバーエージェントとの比較を聞かれることも多いので、この2社やそのほかデジタルマーケティング企業は抑えておきましょう。

中小企業がメイン

オプト(デジタルホールディングス)では、今後の戦略として大企業(ナショナルクライアント)だけではなく、中小企業や準大企業をメインに市場を確保していきたいという思いが強いです。

そのため、面接の際には準大企業(デジタルホールディングスの造語)というキーワードを積極的に出しいくといいでしょう

事業投資が特徴的

オプト(デジタルホールディングス)が、サイバーエージェントやセプテーニと異なる部分が、事業の柱としてM&Aを中心にした事業投資です。

そのため、オプト(デジタルホールディングス)の面接を受ける際に他の会社との違いなどを聞かれたら、事業投資の部分に他の会社よりも力を入れていると言うことを訴求できるといいでしょう

大手企業の利用率がもっとも高いスカウトアプリ「dodaキャンパス」

dodaキャンパス

dodaキャンパスは、大手企業(東証1部上場企業)の利用率が高いスカウト型のアプリです。

特に、MARCH以上の学生は大手企業から内定直結のインターン参加への案内や説明会への優先案内もあります。

留学経験や体育会の経験もない僕でも

・コニカミノルタ
・NTTデータ
・野村総合研究所
・docomo
・三菱マテリアル

などの会社から早期選考直結のインターンへの案内や説明会の優先予約などのスカウトをもらうことができました。

MARCH以上の学生ならメリットが大きい無料のスカウト型就活アプリなので、ぜひこの機会に使ってみてください。

dodaキャンパスの詳細は、以下のリンクからご確認ください。
無料登録で大手企業からスカウトが届くdodaキャンパス

コメント